恥をかかないために!知っておきたい教会での挙式の3つのマナー

肌を見せないようにしよう!

教会だけでなく挙式全般に言える事ですが、挙式に参加する際には肌の露出は避けるのがマナーとなるのですよ。本物の教会で行われる場合には、それに付け加えて肩を出さない事や素足にはならない事や、光物は避けるようにしなければいけません。万が一ノースリーブのドレスしか持っていない場合には、肩の上から羽織るストールなどを持参するようにしましょう。教会によっては服装にとても厳しい所もありますので、事前に確認しておくのもいいかもしれません。

写真を撮るには確認が必要!

教会は本来神様の家とされているため、簡単に写真を撮るものではないといった考え方があるのですよ。しかし一生に一度の結婚式なので、全く記録に残してはいけないといった事はありません。そのため、事前に新郎新婦に写真を撮影しても大丈夫か確認しておくようにしましょう。中にはプロのカメラマンだけが撮影可能な場合もありますので、注意が必要となります。そういった場合には、撮影する事はきっぱりと諦めるようにした方が良いですね。

バージンロードは踏んではいけない!

キリスト教式では、バージンロードは神聖な場所とされ花嫁の汚れない純潔さを象徴しているのですよ。そのバージンロードを歩いて、先にある神の前で二人が結ばれる事を意味しています。そのため、新郎新婦や父親や立会人以外の人が踏む事はNG行動となります。挙式に参列した場合には、興味本意でバージンロードに入る事は絶対に許されませんので注意が必要です。教会の中では係りの人の誘導に従って、速やかに行動するようにしましょう。

高崎の結婚式場では、新郎新婦に対するキャンペーンの機会が充実しており、契約者の増加に繋がっています。