知ってた?歴史のなかで「結婚式場」が出来上がったルーツ

式場っていつからあるの?だれが作った?

カップルの晴れ舞台「結婚式」、そのステージとなるのが「結婚式場」です。きらびやかに演出された空間のなか新郎新婦は華やかな衣装をまとって新しい船出を宣言し、あつまった参列者がそれを暖かく祝福する‥‥どこにでも見られる光景ですよね。さて今やどこの街にもあり当たり前のように利用される結婚式場ですが、それはいつ頃から存在し、どのような変遷を経てきたかご存知でしょうか?いまやレストラン式やパーティースペース利用もふえる中、日本の結婚式場のルーツを辿ってみるのもまた一興です。

明治・皇族による神前式がルーツ

現在わたしたちの慣れ親しんだ結婚式の流れ~新郎新婦入場からケーキ入刀、お色直し‥‥といった おなじみの「結婚式」というスタイルは、当然ながらもともと日本に存在したものではありませんでした。江戸時代から戦前まで、人前式と披露宴が合体したような宴~嫁入りの行われた家に親類縁者を招いて行われる祝宴というスタイルであり、そこには現在のような「儀式」の流れはありませんでした。時代は下り明治の世、皇族の方がはじめて「神前式」を行いました。「日本には婚礼の儀式もない」と西洋から批判があり、追いつけ追い越せをモットーとしていた日本側が急ごしらえで行ったのだ、と一説には言われます。そうした「作られた儀式」であるため、神前式の内容は仏前式のやり方を参考に構成されており内容もよく似たものとなっています。

東京五輪を経てブーム~会場挙式があたりまえになる

こうして日本人は「結婚=専用の儀式をおこなうもの」という概念を得ました。皇族による「新しいスタイルの結婚の儀式」は全国紙に掲載されて広く認知される事になります。一般においては住宅事情も変わってきており、旧来のように広い屋敷へ大勢を招いて祝言を挙げるといった事が困難な状況でした。そのため地域の公民館あるいは旅館など広間を借りての挙式が増えてきます。さて「専門の結婚産業」としての式場のルーツは1964年・東京オリンピックが直接のルーツと言われます。乱立した都内ホテルでは過剰に余った施設をどうにか活用しようという動きが起き、そこから「ホテルで結婚式」をする流行が生まれました。公民館などの利用はあくまで狭い自宅の代用でしたが、このホテル挙式は「あこがれ」として、式そのものへの意識も転換されます。そうして高度成長期に入り、チェーン化した結婚式場は広く全国へと展開され「一億みな平等」の流れで普及を遂げました。結婚式=ホテルか式場でするもの、という「相場」が決定づけられたのです。ジューンブライドの流行も「エアコン普及」が背景にあり、日本の近代化と結婚式シーンの変遷とは切ってもきれないもののようです。

福岡の結婚式場は、観光名所とコラボレーションをした企画がありますのでオリジナリティが出しやすいです。出席者も郷土性を楽しめます。